ロト6&読書

2012年10月20日 (土)

704回予想

今回も末尾数字中心の予想です。
予想は1・2・9・0とみました。
またマークシートの31~40の縦列はナシという予想です。
果たして結果は如何に・・・・?

Photo「のぼうの城」/和田竜
史実に基づく忍城の籠城戦を描いた作品、
映画の公開に先駆けて再読した1冊です。

見ドコロは主人公・成田長親の掴み処のない
キャラクターは勿論の事、
正木利英・柴崎和泉守・酒巻靭負の三武将の智勇、
かぞうという農民の葛藤といったところ・・・かな。

| | コメント (4)

2012年6月26日 (火)

671回予想

今年も6月は「マイクイックピックを楽しむ月」として進行してきましたが
今回はその最終戦、しっかりと結果を残して有終の美を飾ってもらいます。
その最終戦の「天の声」は以下の通り・・・
Photo
今回も前回と同様に、組み合わせを入れ替えたものも購入したいと思います。
果たして結果は如何に・・・・?

「マイクイックピックを楽しむ月」と並行して歴ネタも特集(?)を組んで進行中・・・
こちらも前回からの続き・・・・

小野小町が宮中を追放された際、一緒に田舎に行かないかと
誘った人物がいました。文屋康秀です。
文屋康秀をはじめ文屋一族は「承和の変」の後、藤原北家に弾圧をうけ
悉く左遷されています。
また僧上遍昭は在原業平と同じく桓武天皇の血を引くものであり
両者は交友があったとのこと・・・・
六歌仙はお互いに何かしらの繋がりがあった様です。

Photo_2逆説の日本史4~中世鳴動編 井沢元彦 
第1章:「古今和歌集」と六歌仙編 
六歌仙は紀貫之の藤原北家との
政争に敗れた者たちに対して
「歌仙」なる称号(?)で鎮魂の意を表したもの
・・・ということを述しています。




Photo_3六歌仙の暗号 高田崇史
百人一首の呪」と同じく一応は推理小説ですが
事件の経緯とは別に六歌仙と七福神の関連性を
“ダヴィンチコード”ちっくに解いていく
といった内容です。
こちらにおいても六歌仙の互いの関係と
藤原北家との関わりについて記されています。


そして両著とも大友黒主が何故六歌仙に名を連ねながらも
三十六歌仙や百人一首の選に漏れたか・・・ということにも触れています。

| | コメント (0)

2012年6月18日 (月)

668回結果

7・13・20・27・34・35(ボ22)

今回もmax2HITで届かず、残念です。少し気負って買い目を増やしましたが、
前者4口でも後者4口でも2HITまではどうにかいく「天の声」・・・・
“あと1歩及ばず”ってときほど、一番楽しんでいるときなんだろう・・・きっと。

Photo「親鸞~激動篇」講談社 五木寛之
4月28日の記事で紹介した「親鸞」の続篇です。
前篇より、「悟り」とか「仏の教え」などの色合いが
やや濃くなった内容で、親鸞の壮年期を描いたもの。
親鸞の壮年期は下野(現在の栃木)で過ごしましたが

この地に招いたのは、前記事で挙げた宇都宮頼綱です。
頼綱は、親鸞と同じく法然を支持し出家したようです。

ということで、親鸞を無理矢理百人一首ネタにこじつけました(汗)
夢ロト君が出す数字が私の予想数字に無理矢理こじつけないかな・・・・。

| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

667回結果

21・31・34・37・39・40(ボ15)
今回もmax2HITで当籤に届かず・・・残念です。
デカロト化した今回、キャリーが続くかと思いましたが、さにあらず。
この様な出目でも1等当籤者はいるものなのですね。
2HIT続きの「天の声」ボチボチ1歩前進してもらいたいものです。

キャリーということでもう3口購入しましたが、max1HITです。
こちらも「天の声」でしたが、残念。


前々記事及び前記事とは別に参考にしているのは
  「ちはやと覚える百人一首」 講談社 あんの秀子
Photoティーンエイジ向けかと思われるので、
柊的には少し敬遠がちかな・・・(汗)
反面、中学・高校生の頃に
こんな本があったら良かったのに
思ったりもします。
前述の3冊が通し番号順に
掲載解説しているのに対し
本書は「恋の歌」「春の歌」「夏の・・・」
・・・・と、歌のカテゴリー分けをして
掲載されているのが特徴です。



ちなみに、アニメ「ちはやふる」ではこんなワンシーンも・・・・(笑)
Photo_2

| | コメント (0)

2012年6月12日 (火)

667回予想

キャリーオーバーです。「天の声」に是非とも活躍してもらいたいところです。
その活躍すべき組み合わせは以下の通り
Photo_2
果たして結果は如何に・・・?
今回はキャリーなので別に数口購入を検討中です。



Photo_3前記事とは別に参考にしている書籍2冊
 「こんなに面白かった百人一首」
      PHP文庫 吉海直人
 「ドラマティック百人一首」
      だいわ文庫 堀江宏樹

ともに文庫本サイズで時と場所を選ばず
重宝しています。

| | コメント (0)

2012年6月11日 (月)

666回結果

2・6・28・30・31・41・(ボ7)
「天の声」が挙げた組み合わせはmax2HITで及ばず・・・
また次回に「天の声」に頑張ってもらいます。

本日は666回と6揃いの抽選回だったという訳ではないのですが
ドリーム館へ行って生抽選で臨みましたが、結果は惨敗、残念です。

Photo←百人一首ネタを挙げるに際し
参考にしている文献
世界文化社・大岡信監修

咲くやこの花」というドラマを見ていたとき
「そう言えばこの様なことを
あの本に書いてあったなぁ・・」
と思い出し引っ張り出し
そしてその後、気が向いた折に
読み返しています。

| | コメント (0)

2012年4月28日 (土)

654回予想

キャリーオーバーです。マイアプリ「あくせすろと6」がGW後半戦を
過ごすための軍資金を捻出するための数字として選んだ数字は以下の通りです。
Photo
今回は10番台数字が少ない予想を呈しています。
果たして結果は如何に・・・?

前記事の慈円ネタからの続き・・・・
慈円のもとで修行し、後に浄土宗を開いたのが法然であります。
また、同じく最初は慈円のもとで修行し、後に法然のもとでも修行し
その後浄土真宗を開いたのが親鸞です。
Photo_2親鸞/五木寛之
「悟り」とか、「仏の教え」などには
あまり触れていません。
親鸞自身や身内の者に
降り掛かる若干血生臭い
受難と対峙していく様子を
描いた内容です。

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

632回予想

キャリーオーバーです、大きく当てたいものです。
マイアプリ「あくせすろと6」の挙げる今回の予想数字は以下の通りです。
Photo
以前から何故かジャンボ宝くじ発売時はキャリーが発生しやすい傾向でした。
前回もそのせいでしょうか?14日から発売するジャンボは今までと額が違うので
何となくですが、このまま今回もキャリーが発生するような・・・・
となると、やはり偏る様な買い目となるような組み合わせを組んで
攻める方が常套策かな?果たして結果は如何に・・・・・?

Photo_2
高田崇史・QEDシリーズ。
本ブログの歴史ネタをUPするにあたって
ソースにしている一つであります。

推理小説ですが、事件を解く主人公が
薬剤師で歴ヲタ・・・・?

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

631回結果

2・5・7・10・36・40(ボ12)

候補数字からは1.5HITで惨敗でした。
頓着もった末尾8・9系・・・・今回は関係なかった様です。
ミニロト化かも?という予想も大きくハズしました。

ま、この様な偏りの強かった出目の時には、“惜しかったなぁ・・・”とか
“悔やまれる・・・”といった様な気持ちが湧かない分だけ
サッパリと次回に気持ちを切り替えることができるので
リラックスしながら次回キャリーを迎えたいと思います^_^;。

Photo
前記事、藤原秀郷の嫡流の子孫が西行です。
先に述べましたが、
出家前の西行はエリート武士=北面の武士でした。
武芸に秀でていたことは想像に難くないと思います。

・・・老年期、西行は源頼朝の許を訪れます。
その際、頼朝は西行に秀郷流武芸の奥義を尋ねます。
「伝承してきた兵法の書は出家の際に焼き払った」
と言ったものの、その後弓馬の道について語りだす西行、
頼朝は直ちに家臣に命じて記録させた様です。
このエピソードからも西行の武は本物だったことが覗えます。

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

622回予想

マイアプリ「あくせすろと6」が挙げる今回の予想数字です。
Photo
607回・612回・617回と、この5回周期では全く鳴かず飛ばずの
マイアプリなので、今回は裏買いで攻めてみたいと思います。
果たして結果は如何に・・・・・?

Photo「波に舞ふ舞ふ - 平清盛」/瀬川貴次
若き日の清盛の奇譚。
時子と馴れ初めや、西行との交友、
幼いころの後白河上皇との交友などが
描かれています。

史実では不明ですが、
清盛は白河法皇の落胤として
西行は待賢門院に想い焦がれる
設定で描かれています。

| | コメント (4)